気になるパンプスの臭いの原因

気になるパンプスの臭いの原因 気になるパンプスの臭いは、雑菌が放出したものです。
パンプスは足にフィットしているので、ムレやすく汗もたくさんかきます。
雑菌は体温や湿気を好むので、パンプスのようなジトジトした環境で繁殖します。
足の垢や汚れをエサとしてさらに増えて臭いを強くします。
雑菌は元々人間の足の裏に存在しているので、通気性の悪い靴を履くことで繁殖のチャンスを与えてしまいます。
また体臭がきつい人はパンプスに残る臭いもきつくなります。
本来は体に入った毒素は便と一緒に排出されるので、日常生活に影響はありません。
しかし食生活や体調によっては毒素を処理しきれずに、呼吸や皮膚から放出してしまいます。
そのような人は足の裏からも毒素が出るので臭くなり、それが中敷きに染み付くこともあります。
一度染み付いてしまうと、履いていない時でも不快な臭いを感じます。
さらにストレスも原因に含まれます。
ストレスは冷や汗として余分に汗をかかせるので、靴の中がよりジメジメします。
ストレスにつながるものには仕事や人間関係などもありますが、足の裏に汗をかくことも挙げられます。
汗をかいたらまた臭くなると考えるほど、汗が出るので靴の中を清潔に保つことが難しくなります。

パンプスの臭いの対策

パンプスの臭いの対策 パンプスが臭くて靴が脱げない、という困った悩みを持つ人は多いです。
臭いの原因は、足から出る汗によって靴の中が蒸れ、雑菌が繁殖してしまうことです。
パンプスを履くときはストッキングを着用することが多く、靴下と違い、化学繊維であるストッキングは汗を吸わないからです。
靴の中が蒸れやすい環境となっているというわけです。
臭いを軽減する対策として、毎日同じ靴を続けて履かないようにすることです。
靴を毎日取り換えることで、靴が乾燥し蒸れにくい状態を作るからです。
また、通勤時と職場での靴を履き替えることもおすすめです。
靴に湿気をため込まない方法です。
可能であれば、長時間いる職場ではつま先の空いた通気性のよいパンプスを履くとよいです。
さらに、消臭効果や抗菌効果のある中敷きを利用することもおすすめです。
丸洗いできる中敷きや、使い捨てタイプの中敷きもあります。
毎日靴の中を清潔に保つことができます。
消臭スプレーを利用したり、食品の除湿剤を入れて靴の中を乾燥させることも効果的です。
また、足自体も清潔に保つように心がけましょう。
足には汗腺が多くあり、汗をかきやすいです。
足の指の間や爪の中の汚れをしっかり取り除くように洗いましょう。

美容情報サイト

美容は食事から。特にフルーツが大事と田村文洋が力強く語っています。

田村文洋が健康と心の関係性を紐解く